2010年01月25日

土地問題 小沢氏「?」だらけ 「事実のすべて」というけれど…(産経新聞)

 自らの資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部の任意聴取を23日に受け、その直後に会見し、事件について初めて語った民主党の小沢一郎幹事長。だが、その説明には随所に不自然な点がみられた。わずか20分余りで一方的に打ち切られた会見。当初「政治献金」としていた問題の土地購入原資の説明は、その後「融資」に変わり、会見では「個人資金」に。こうした説明に象徴されるように、事件への疑問はいまだにほとんど解消されていないのだ。

  [イラストで見る]だれがどんな役割? 陸山会をめぐる虚偽記載の構図

 「(秘書寮建築のため)土地を購入することを決め、私の個人資金を陸山会に貸し付けたことが事実のすべて」

 小沢氏は会見の冒頭、こう語り、ゼネコンからの裏献金の疑いがある陸山会が平成16年に購入した土地代金の原資について、自己資金であると強調した。報道陣には原資となった4億円の出どころについて書面を配布した。

 それによると、(1)自宅を買い替えた際の残金で、元年に引き出した2億円(2)家族名義の口座から9年に引き出した3億円(3)同じく14年に引き出した6000万円−の計5億6000万円だったとし、これらを個人事務所の金庫に保管。土地購入時には4億数千万円が残っており、このうち4億円を貸し付けたと主張した。

 ■疑問(1)

 《多額の資金を引き出し、手元で保管したのはなぜ?》

 小沢氏側の関係者は、9年の引き出しについて「バブル崩壊で銀行破綻(はたん)が相次ぎ、ペイオフ(預金保護)解禁の論議が出たため」と説明するが、バブル絶頂の元年に引き出した理由は不明だ。

 総務省統計によると、当時の定期預金金利は4%以上。2億円の預金で単純計算すると、利息は年間800万円に上り、5年間預けておけば4000万円以上の利息を受け取れたはずだが…。

 小沢氏は問題となった土地以外にも、妻名義で2つの不動産を購入している。

 登記簿によると、7年5月に自宅近くの秘書寮用地を購入。この際、土地と建物を担保に銀行から2億3500万円の融資を受け、利子を含め約2億6000万円を11年5月までに返済していた。

 その3カ月後の8月には自宅隣地を購入し、土地と建物を担保に3億5000万円の融資を受けていた。19年3月までに返済したが、総額5000万円余りの利子を支払った計算になる。

 ■疑問(2)

 《多額の手持ち資金がありながら、利息を上回る金利がかかる融資を受けて土地を購入したのはなぜ?》

 小沢氏は、問題の土地購入時に4億数千万円が残っていたとするが、17年3〜5月にも小沢氏の資金4億円が陸山会の口座に入金され、すぐに同額が引き出されるという不自然な動きがあった。4億円を土地代金に充てたため、小沢氏の手持ち資金の残高は数千万円しか残っていないことになるが、17年の4億円についてはどう調達したのか。

 もっとも不可解なのは、小沢氏側が当初、定期預金を担保に銀行から小沢氏の名義で受けた4億円の融資を土地代金に充てたとしながら、実際には「小沢氏が貸し付けた資金」で支払った後、関連政治団体から集めた約1億8000万円と陸山会の資金で4億円の定期預金を組み、不必要な融資を受けていたことだ。

 ■疑問(3)

 《土地代金の原資として4億円を陸山会に貸し付けておきながら、さらに4億円の融資を受けたのはなぜ?》

 小沢氏は融資書類に署名しながら「具体的な事務処理について関与していない」と説明。署名した理由については「以前に陸山会が不動産を購入した際にも金融機関から個人での借り入れを要請されたことがあり、秘書から頼まれて、そういう理由からと思って署名した」としている。

 小沢氏は土地代金の原資4億円の貸し付け理由について「関連政治団体からかき集めれば何とかなるが、そうすると各団体の活動費がなくなるから」と説明した。しかし、実際には不必要な定期預金担保の融資を受けるために、1億8000万円の資金を各団体からかき集めていたようにも見えるが…。

【関連記事】
池田容疑者「報告していた」…小沢氏の説明と矛盾
連合内で選挙協力に異論 小沢氏問題が影響
鳩山内閣、占星術的にはほぼ完璧らしいが…
小沢氏問題で一様に沈黙守る民主は「異様」
小沢ついに聴取 特捜“落とし”のポイントはコレだ!

芸術劇場リンク先 改竄ウイルス感染(産経新聞)
<ハイチ大地震>政府の医療チーム、C130輸送機で派遣へ(毎日新聞)
小沢事件で「検察批判」の政務官らを追及へ 自民(産経新聞)
<巻きずし商標権>イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決(毎日新聞)
野党、首相の資質問う声 検察批判同調「軽率だ」(産経新聞)
posted by カワバタ ヒカル at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

小沢氏「毎度お騒がせしてます」(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は22日夜、札幌市内で開かれた党北海道連のパーティーで約10分間あいさつした。自らの資金管理団体をめぐる事件について、小沢氏は冒頭で「毎度お騒がせしております」と陳謝した。ただ、事件に触れたのはこれだけで、23日に行われる東京地検特捜部の事情聴取にも一切言及しなかった。
 小沢氏はこの後、夏の参院選について「最終の戦いになる」と単独過半数獲得に全力を挙げる決意を強調。「参院選で皆さまの力添えをいただき、安定した政権をつくり上げ、本当の意味の国民主導、政治家主導の政治をつくり上げなければならない」と語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

加湿器 中国製で発火事故4件 輸入元が6万台リコール(毎日新聞)
石川容疑者、帝国ホテルから任意同行し逮捕 どこまで「親分」に迫れるか(産経新聞)
日航は再生に全力を=鳩山首相(時事通信)
京都駅近くのホテル 硫化水素自殺図る? 男性が重体(産経新聞)
拉致解決「困難だが期待」=飯塚代表ら、米特使と面会(時事通信)
posted by カワバタ ヒカル at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳩山首相、普天間移設「米国とすり合わせる」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、「平野(博文)官房長官と話をして指示をした。5月末までに政府の考え方を決める。当然、政府として決める以上は、米国との間もきちんとすり合わせもしておかないと意味がない」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

 ぶら下がりの詳報は以下の通り。

 【衆院予算委の感想】

 −−今日の衆議院予算委員会の中での自民党の谷垣禎一総裁との論戦について感想は

 「初めて谷垣総裁と、ある意味で一対一で議論ができた。私としては誠心誠意、真実を、自分の思いをね、述べたつもりです。まあ、なかなか自民党さんには分かっていただけないようなところはありますけども、一日一日、ある意味で心を尽くしていきたい。国民のみなさま方に特にやはり、お暮らしが厳しい中で、政策論争をしっかり行って、一日でも早く国民のみなさんのお暮らしが良くなるように補正予算の成立を期していきたい。そう思っています」

 −−自民党に分かっていただけないというのはどういう部分か

 「これは基本的には私の政治資金の問題に関して、かなり2、3名の委員から同じような質問をたくさんいただきました。私にとって、当然なかなか分かっていただけないのはつらいなという思いでありましたけれども、自分としては真実を、真実は一つしかありませんから、それをお話ししたつもりです。これからも続けて努力します」

 【普天間移設】

 −−普天間飛行場の移設問題について、首相は衆院予算委で5月までに移設先を決定すると述べたが、日米合意も含めて5月までに結論を出すということか

 「はい。今、この件でですね、平野官房長官と話をして指示をいたしましたが、5月末までに政府としての考え方を決める。当然政府として決めるという以上は、このアメリカとの間もきちんとすり合わせもしておかないと意味がない話でありますから、そういう意味で、日本として、政府として最終的な考え方を5月末までに作り上げるという決意を、少なくとも沖縄の基地問題検討委員会中心にやっていただきたいと。そして結論を出してくださいと申し上げました」

 【小沢氏元秘書逮捕】

 −−石川(知裕)衆院議員の答弁のところで、党の代表として判然としていない状況であると答弁していた。起訴などの刑事処分を受けた場合には首相としての決断を下す考えか。それとも裁判が確定した段階で判断するのか

 「そこはまだわかりません。これからどういう推移になるか、この事実関係が少なくともまだよく見えていない中でね、私としては最終的な判断を控えているという状況であります」

 −−起訴されても判断をしない可能性は?

 「ですから、まだ分かりません。起訴の内容その他を、もし起訴されたという仮定の話にはあまり答える必要ないかもしれませんが、起訴されないことを望みたいとは思いますが、どういう状況になるかをもって、判断をしたいと思います」

 【普天間移設】

 −−日米合意は、普天間は日米合意も含めて5月までの決定ということか

 「そうです。すなわち、米国とすり合わせをしないで、日本政府案が作れるわけがありません。当然その間に米国ともよくすり合わせをして、理解を求めて、そして政府案をつくるということです」

 【小沢氏の事情聴取】

 −−小沢一郎民主党幹事長の事情聴取が23日に決まった

 「あっ、決まりましたか?」

 −−今朝の段階で「すべてが明らかになると信じている」と述べたが、改めてどうか

 「小沢幹事長がね、そこまですなわち、自分の身の潔白を証明をしたいという強い意思で聴取に応じると思っていますから、そこですべてが明らかになることを強く願っております」

 −−今まで国会議員が逮捕されたときに議員辞職するケースがあった。逮捕が、そのまま疑いが濃いということで辞職をしていたと思うが、今回、判然としないということは、必ずしも、疑いが濃いとは言えないという考えか

 「まだ、くどいようですけれどもね、この逮捕の事由をみてみても、よく見えないところがあるという部分で、したがって、まだいわゆる議員辞職みたいな話に関しては、あるいはご本人がどのように判断するかも含めてですけど、われわれとして判断をしていないということです。

 −−小沢幹事長との距離感を適当にしておかないと、常にこの問題がでてきて、国民が切望する経済問題に移れないじゃないですか。そこのところを、どう距離感をきちっと保つのか決意を

 「距離感って、当然、代表と幹事長という距離でありますから、その距離が大変遠いみないな話というのは政党としてありえない。私はそう思います。ただ、一方でね、小沢幹事長が進んで検察に臨んでですね、事実関係を明らかにしたいということでありますから、そこで私は身の潔白が証明されたらいいなと思っているわけでありまして、それ以上のことを今、考える必要はないと、そのように思っています」

【関連記事】
普天間最終決着6月以降にずれ込みも 官房長官
社民のグアム調査団難航、米側が受け入れ拒否
また口先指揮権?小沢不動産事件で鳩山首相「起訴がないこと望む」
首相「疑いかけられ遺憾」 小沢氏聴取で潔白証明期待
小沢氏の説明に期待感 鳩山首相「大変望ましい」

<雑記帳>遠野の「語り部」289人を認定(毎日新聞)
松下氏が自民党入り(産経新聞)
<受験の危機管理>第3回 解答用紙に名前を書き忘れたら 科目のマークは忘れずに(毎日新聞)
<ハイチ大地震>医療援助で160人に派遣命令 北沢防衛相(毎日新聞)
高速道路にサバ14トン散乱=トレーラーの積荷が落下−大分(時事通信)
posted by カワバタ ヒカル at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。